准看護師について

准看護師とは

准看護師とは、医師や看護師の指示に従って、患者さんに対しての診察や治療のアシスタント業務を行う職種です。勤務先は病院や診療所、介護関連施設などで、通院だけでなく、入院中の患者さんのケアを行うこともあります。

准看護師は都道府県知事の交付による資格であり、看護師は国家資格です。しかし、現場で実際に行う業務内容は、准看護師と看護師に大きな差は無いようです。仕事で感じる喜びや達成感も、看護師と同様といって良いでしょう。

ただし、病棟や外来などの部門ごとに配置される看護師長など、管理職になるためは、ほとんどの場合において看護師資格が必要となります。

准看護師の仕事について

准看護師は、病院などで医師が診療を行う上での補助業務を行うほか、患者さんのさまざまなお世話を行います。仕事の範囲は、看護師と変わらないと考えていいでしょう。

具体的には、次のような行為が挙げられます。

  • 血圧や体温、脈拍の測定
  • 注射や採血
  • 点滴
  • カルテの記載
  • 手術のアシスタント
  • 食事や排せつの介助
  • 体位の変換
  • 入浴の介助
  • 夜間の院内巡回
  • 患者さんの移送  ほか

就業先の多くは病院と診療所、訪問看護事業所、老人ホームなどとなります。人を助ける仕事にはいろんな職種がありますが、介護福祉士などは医療行為ができないため、准看護師は医療を通じて人々の役に立ちたい人に人気があります。

准看護師の勤務先は、看護師と比べると小規模な医療機関、診療所での募集が多い傾向にあります。入院施設を備えた24時間体制の病院では夜勤もあり、シフト制での勤務が一般的です。

その他、児童福祉施設や障がい児関連施設、福祉関連相談所、保育園、保健所、リハビリセンターなども就職先候補となります。

ただし准看護師は、医師や看護師の指示が無いと業務は行えません。つまり、自らの判断だけでは業務に取り組めないのです。

准看護師という仕事の魅力

准看護師は、実質的に看護師と同様の仕事に取り組むことが可能です。仕事の魅力、やりがいにおいても看護師と同じと言えます。「困っている人の役に立ちたい」という気持ちが強い人にはピッタリな職業です。2016年末時点では、約34万人が准看護師として就業しています。

診察や治療の補助、介助、ケアを行うことで、患者さんが回復に向かう様子を目の当たりにすることができます。退院の際には「おかげでよくなりました」「ありがとう」といった感謝の言葉をもらった時には、何物にも代えがたい喜びを感じられます。

医療の現場では現在、患者さんへの効果的な治療を行うために「チーム医療」が実施されています。医師や看護師をはじめ臨床検査技師、薬剤師、救急救命士、管理栄養士、作業療法士、理学療法士、言語聴覚士など、さまざまな領域のプロフェッショナルが一体となって取り組んでいます。准看護師もチーム医療の一員として重要な役割を担っており、患者さんはもちろんご家族や介助される人々、医療関係者の役に立つ喜びを感じることができます。

また、看護師に比べて、資格を取得する期間が短く済むことも大きな魅力です。できるだけ早く看護の仕事をはじめたい方、資格を活かして仕事をしたいという人には最適な職業とも言えるでしょう。

准看護師になるための条件・資格

准看護師として仕事をするためには、都道府県知事が発行する免許を取得する必要があります。しかし勤務先は、資格を取得した都道府県に限りません。准看護師の資格を活かして、全国各地で仕事に取り組むことが可能です。

准看護師になるには、中学校を卒業後、准看護師養成所に入所すれば可能です。2年間という短期間で准看護師受験の資格が取得できます。中学校卒業後、高校の衛生学科というルートもあります。ちなみに看護師の場合は、高校を卒業後、短期大学や4年制大学、看護専門学校に入学します。


准看護師は高卒が条件ではない点が大きな違いです。しかも准看護師養成所は2年通えばOKですので、現場へのデビューは看護師と比べて圧倒的に早くなります。金銭的にも大きな違いが発生します。

准看護師試験は、日本全国の都道府県で毎年、2月上旬から中旬にかけて行われます。合格率は非常に高く、受験者の9割以上が資格を取得しています。


准看護師から看護師を目指すには、看護専門学校で2年課程を修了し、看護師国家試験に合格しなければなりません。看護専門学校には夜間や通信制もあり、仕事をしながら勉強することも可能です。

中学校卒業後に准看護師となった者には、3年以上の実務経験が必要です。また通信制の場合は、7年以上の実務経験が必要となっています。

資格取得後

准看護師の資格を取得後は、医療に関係するさまざまなフィールドで活躍可能です。大学病院や総合病院、中小の病院、精神病院、診療所、介護関連施設などにもニーズがあります。

訪問看護事業所では、契約する高齢者に対して訪問看護を行う訪問看護師として活躍できます。老人保健施設や老人ホーム、デイサービスでのニーズも増加中です。

さらに、肢体不自由者更生施設や肢体不自由児施設、身体障がい者療護施設、保健センターなども勤務先となっています。

患者さんと直接接しながら誠意をもって看護や介護を行います。患者さんが快方に向かう手応えを感じる時、完治した時、患者さんに喜んでいただいた時に、大きな達成感を味わえるはずです。

准看護師として働くための心構え

准看護師としての資格を取得しているからといって、医療や介護の現場で、いきなり学んだスキルをすべて発揮できるとは限りません。また、経験年数の長短に関わらず、現場では患者さんから頼られる存在であり、緊張のあまり学んだ知識や持てる技術を十分に発揮できない場合もあります。

患者さんと心を通わせることも重要ですが、密接な関わりから生まれる信頼関係と、それに比例して大きくなる責任感から、ますます委縮してしまうこともあります。

看護の仕事に自信を持って取り組むには、准看護師の資格取得後も、日々勉強を続けることが大切です。看護や介護関連の最新情報はもちろん、チーム医療に取り組む医師や臨床検査技師、薬剤師の知識も身につけることが、自らの成長と患者さんの適切な治療、介助につながります。

患者さんの様態が急変することもあり、臨機応変に対応する判断力と行動力も大切です。日頃からさまざまなケースを想定したシミュレーションを行っておくこと、いざという時にチームワークを発揮できるよう、医療関係者との信頼関係を構築しておくことも重要となります。

准看護師は今後、廃止に向かう可能性があります。1990年代から厚生労働省は、看護師と准看護師を一本化する提言を発表しているからです。准看護師課程の新規募集を停止する動きも、一部の都道府県では見られます。

しかし、取得した准看護師の資格が無効になるわけではありません。准看護師として働きながら、夜間コースなどを利用して、看護師へとステップアップすることも可能です。

まとめ

准看護師という職業は、患者さんをケアするだけでなく、医療関係者もサポートする、まさに縁の下の力持ちです。目立つ存在ではありませんが、医療や介護の最前線において、無くてはならない存在です。

病気やケガなどで不安を抱えている患者さんに接する仕事ですので、相手を思いやる気遣いが求められます。やさしい性格の持ち主で、自然と思いが行動につながる人が向いている職業と言えるでしょう。

患者さんのなかでも、入院患者さんとは、退院まで長期間にわたって関わることがあります。高齢者や子どもが相手の場合も多く、最良の看護や介護を目指して、それぞれの立場になって考え、実行し、喜ばれた際には大きなやりがいが感じられます。

学費を抑えながら短期間で資格を取得でき、若くしてスペシャリストとして活躍できることもメリットです。社会人経験者が、現在の仕事を続けながら夜間や通信制で准看護師の資格を取得し、第2の人生をスタートすることも可能です。

准看護師という医療のプロは、身近で特別な存在と言えるでしょう。

おすすめの記事