柔道整復師について

柔道整復師とは

柔道整復師とは、骨接ぎや接骨師、整骨師などとして知られている治療家です。スポーツなどにおけるケガの予防や高齢者の健康づくりなど、地域医療を担う役割も期待されています。

骨や関節、筋肉、靭帯などに発生する骨折や脱臼、打撲、捻挫などの負傷に対し、手術をしないで施術を行います。整復や固定などを行うなかで、人間が備える治癒能力を最大限に発揮させることが特長です。

柔道整復師の仕事について

病院や接骨院、整骨院に勤務、もしくは自ら開業して、柔道整復の技能を用いて施術を行います。介護や福祉の現場で、機能訓練指導員として活躍することも可能です。

柔道整復師の施術は、手技による「悲観血的治療」によって行います。まさに「手に職」をつけたい方には最適な職業と言えるでしょう。ちなみに「悲観血的治療」とは、出血を伴わない処置を指します。

西洋医学のように投薬や手術に頼らず治療を行う柔道整復は、代表的な東洋医学のひとつです。身体の内側から治療する、さらには病気になるのを防ぐ治療法で、海外からも注目を集めています。

近年では利用者からの声に応える形で、頭痛や冷え性、マッサージ、さらには骨盤矯正や脊椎矯正などを行う柔道整復師もいますが、本来は業務範囲ではありません。ご注意ください。

ちなみに、柔道整復の歴史は古く、日本古来の武術である柔術がルーツと言われています。柔術には相手を負傷させる「殺法」と、負傷の回復を目指す「活法」があり、医療の技術として継承されたのが柔道整復とされているのです。こうしたことから、大学や専門学校には、カリキュラムに柔道を加えているところもあります。

柔道整復師という仕事の魅力

柔道整復師は国家資格であることも大きな魅力です。整体やマッサージを行う職業には整体師やカイロプラクティック師などがありますが、これらは民間資格、つまり国家資格ではありません。保険適用外なので、患者さんが全額負担しなければなりません。

一方、国家資格の柔道整復師であれば健康保険が適用されることが多く、患者さんの負担が少なく、喜んでいただけます。

柔道整復師の資格を取得後、スポーツトレーナーを目指すことも可能です。スポーツトレーナーに直結する資格はありませんが、スポーツ医学や解剖学、運動生理学といった医療系の知識が必要となるため、これらの科目を学ぶ柔道整復師の養成機関を利用し、国家資格をスキルの証として取得するケースが多々あります。

アスリートはもちろん一般の人々にも健康に関する自己管理が求められる現代、スポーツトレーナーに対するニーズは高まっています。

故障やケガに対応するアスレティックトレーナーやメディカルトレーナー、フィジカルとメンタルの両面からサポートするコンディショニングトレーナー、フィットネスジムやスポーツジムでの指導役であるフィットネストレーナーなどがあり、得意分野を活かしてプロを目指すことをおすすめします。

柔道整復師になるための条件・資格

柔道整復師として仕事をするためには、まず国家資格である柔道整復師の試験に合格しなければなりません。

国家資格は名称独占資格になっており、国家資格を取得していなければ柔道整復師と名乗って業務を行うことはできません。


国家試験に合格すると、厚生労働大臣免許の柔道整復師となります。資格取得後は、柔道整復師として整骨院や病院で勤務することが可能です。実務経験や研修の受講後、接骨院や整骨院といった施術所の開業もできます。

資格について

国家資格である柔道整復師になるには、毎年3月に行われる国家試験に合格し、柔道整復師の資格を取得しなければなりません。

高校を卒業後、文部科学省の指定による4年制大学、あるいは都道府県知事の指定による専門の養成施設(修学期間3年以上)に入学。

生理学や解剖学、運動学、病理学、衛生学、公衆衛生学といった基礎系科目、柔道整復理論、柔道整復実技、外科学、リハビリテーション学、関係法規などの臨床系専門科目を学びます。


大学または専門学校を卒業することで、柔道整復師国家試験を受験する資格を得ると、年1回実施される柔道整復師国家試験を受験します。試験内容は、大学または専門学校で履修した生理学や解剖学、一般臨床医学など全11科目です。夜間コースを備えた専門学校もあり、働きながら資格取得を目指すことも可能です。

国家試験の受験要綱についての詳細は厚生労働省のHPで詳しい情報が載っておりますので、そちらでもご確認ください。

参考:厚生労働省

https://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shikaku_shiken/

資格取得後

柔道整復師は国家資格である柔道整復師国家試験合格後、ほとんどの場合、接骨院や整骨院に就職します。スタッフとして数年間勤務し、現場経験を通じて仕事の流れを把握し、実践的に具術を磨いていくのです。

柔道整復の技能を磨き、対人コミュニケーション能力も高めた後は、独立開業する人も少なくありません。一国一城の主としての責任感と達成感を感じることができるでしょう。

また、総合病院の整形外科、整形外科専門病院に就職することも可能です。医師のなかには大学や専門学校といった教育機関で、次代の柔道整復師育成に励む方もいます。

人々のライフスタイルが多様化し、患者さんのニーズも広がりを見せる中、それらに対応する柔道整復師も、一人ひとりが自分に合ったワークスタイルを選べるようになってきているのです。

柔道整復師として働くための心構え

柔道整復師としての国家資格は、知識と技術の証明と言えます。しかし、現場に出ても必ず実力を発揮できるとは言えません。

患者さんから「先生」と呼ばれることも多いのですが、それがプレッシャーとなって十分に実力を発揮できない可能性もあります。とくに独立起業した場合は、自分の腕を信頼して通ってくれる患者さんの期待と、自分がトップであり頼れる人がいない責任感で押しつぶされそうになることもあります。


つねに自信と誇りを持って柔道整復の施術に取り組むには、資格取得後も学ぶ努力を怠ってはいけません。柔道整復関連の最新情報はもちろん、チーム医療に取り組むさまざまな医療人に関係する知識も意欲的にキャッチし、理解に努めることが、自分の成長はもちろん患者さんにとって最善の治療につながります。


また、柔道整復師には、患者さんの心に寄り添うやさしさを持つことも重要です。

患者さんの中には、柔道整復の施術により、一時的もしくは部分的な効果を得られても、スピーディーな回復につながらないこともあります。治療に焦りを感じたり、後ろ向きになってしまうことも少なくありません。

こうしたことから柔道整復師には、患者さんに立場に立って共感し、気持ちをほぐしながら治療への意欲を高く保つサポートを行う必要があるのです。

まとめ

柔道整復師には、暮らしに身近な接骨院や整骨院の先生という印象がありました。しかし現在は、医療やスポーツなど、さまざまな領域で活躍しています。

薬や手術を行わず、身体の治癒力を活かしきることで回復へ導く点が、あらためて評価されているのです。治療だけでなく、病気や負傷を予防する役割も期待されています。

手術を行わない施術は、切開に抵抗を感じる子どもや高齢者にも受け入れられやすい治療法とも言えます。また感染症に対するリスクも減らすことが可能なようです。


長期間にわたって関わる患者さんも多く、人と人との交流も育まれます。学校の運動部やプロ、アマのスポーツ選手を対象に施術することもあり、アスリートとしての経験がある方には、共に夢の実現に向けて意欲的に取り組むことができます。

老若男女を問わずQOL(Quality Of Life:生活の質)の向上に貢献し、患者さんと二人三脚で頑張っていける柔道整復師。回復の際には患者さんをはじめ多くの人々と喜びを分かちあえる社会的意義の高い職業です。

おすすめの記事