作業療法士について

作業療法士とは

作業療法士とは、病院や施設において、患者さんの症状や状態に合わせてリハビリテーションを行うプロを指します。

リハビリを行う方法には他にもありますが、作業療法士が取り組む治療方法は【作業療法】と呼ばれるものです。

作業療法とは、法律において「身体または精神に障がいのある者に対し、主としてその応用的動作能力または社会適応能力の回復を図るため、手芸、工作その他の作業を行わせること」と定められています。

作業療法士が用いる作業活動とは「日常生活の諸動作をはじめ、仕事や遊びなど人間の生活に関わる諸活動」を指しています。

作業療法士の仕事について

病院の入院患者さんに対するリハビリは、医師の治療とともに取り組んでいきます。計画的なリハビリのプログラムを組み立て、つねに身体の状態を確認しながら行うことで、患者さんの負担を減らしながら効率よく実施します。

現在、立ち上がることも座ることもできない方、寝たきりの患者さんにも、リハビリを行う場合があります。体力低下を最小限に抑え、生活に必要な動作が可能となるよう回復をサポートします。

リハビリは病気やケガ、あるいは生まれながらに障がいをお持ちの方、例えば脳や心臓の病気、骨折をされた方などを対象に行います。

応用動作能力と社会適応能力の回復を目的としており、お絵かきや折り紙、裁縫、陶芸、絵画といった手工芸や創作活動、将棋や囲碁などのレクリエーション、遊びやスポーツなどを実施。園芸や木工、ラジオ体操など軽いスポーツを行う場合もあります。

患者さんの回復状況に合わせて座る・起きる・食事をする・トイレに行くといったリハビリを行い、食事やお風呂、着替え、洗濯などの日常動作が可能な状態を目指します。患者さんの症状に合わせて、理学療法士や言語聴覚士と組んでのチーム医療を行うことも少なくありません。


退院前には、帰宅後の生活環境を整えるために手すりや補助器具の提案、介助のノウハウについても始動を行います。退院の際には、患者さんの住まう地域の病院とも連携を取り、リハビリの継続やアフターケアにつなげることもあります。

作業療法士という仕事の魅力

生まれつきの障害によって「まわりにできることが自分にできない」と悩んでいる方、事故や病気によって「これまでできていたことができなくなってしまった」と困っている方に希望を与え、不可能を可能へと導くサポートを行うのが作業療法士の仕事です。

患者さんが「できること」を一つ増やすたびに、患者さん本人や家族など周りで支える人々の笑顔を見ることが魅力です。短期間で結果が出るとは限らず、粘り強い意志や忍耐力も必要としますが、だからこそ不可能が可能になった時の嬉しさは感動的で、これからも頑張ろうと思えるのです。

作業療法というリハビリの結果、日常生活が営めるまでに身体機能が回復し、自宅での生活が可能になることが一つのゴールです。回復状況によっては、これまでの職場に見事復帰できることもあります。患者さんは身体面だけでなく、精神面まで満たされたことで、より大きな満足感を得ることができ、作業療法士も大きな喜びと達成感を共有することができるのです。

人助けが好きな人はもちろん、工作の得意な方にも向いている職業と言えるでしょう。

作業療法には、患者さんの生活動作をサポートしながらリハビリにつながる「補助具」を用いることが多々あります。例えばステッキ(杖)にショルダーベルトを取り付けたアイテムですが、これだけの工夫で杖を利用している人が両手を使いたい時、杖が邪魔になると言う悩みを解消できます。

またピンポン玉が刺さったボールペンがありますが、これは指を上手く動かせなくてもピンポン玉があることで握りやすくなるものです。

作業療法士は、患者さんの状態を見ながら、これまで世の中に無かったオリジナルグッズを制作・提供し、喜んでもらえる素敵な職業でもあります。

作業療法士になるための条件・資格

作業療法士として仕事をするためには、まず国家資格である作業療法士の試験に合格しなければなりません。

国家資格は名称独占資格になっており、国家資格を取得していなければ作業療法士と名乗って業務を行うことはできません。

作業療法士の仕事には、老年期障がいも含まれます。高齢化が進む昨今の日本において、作業療法士の需要はますます高まっていくでしょう。

活躍の舞台も病院のリハビリテーション科をはじめ、訪問リハビリテーションから福祉施設、介護施設など多岐にわたっています。発達障がいや精神障がいを持つ方、児童のサポートも担当領域にあり、ますますの活躍が期待されています。

資格について

国家資格である作業療法士になるには、毎年2月に行われる国家試験に合格し、作業療法士の資格を取得しなければなりません。

作業療法士国家試験の受験資格を得るためには、文部科学大臣に指定されている養成施設にて定められたカリキュラムを修めて卒業する必要(卒業見込みも含む)があります。養成施設には4年制の大学、3年制の短期大学、3年制または4年制の専門学校があります。夜間コースを備えた専門学校もあり、働きながら資格取得を目指すことも可能です。

国家試験の受験要綱についての詳細は厚生労働省のHPで詳しい情報が載っておりますので、そちらでもご確認ください。

参考:厚生労働省

https://www.mhlw.go.jp/kouseiroudoushou/shikaku_shiken/

資格取得後

作業療法士には、医療介護分野で、さまざまな活躍のフィールドがあります。病院や介護施設をはじめ、福祉施設、特別支援学校、さらには障がい児の療育施設やデイサービスセンターなどにもニーズがあります。

近年では自宅などへ訪問してもらってリハビリを受けたい方も増加傾向にあります。訪問先では、患者さんが日々の暮らしで困っている動きの問題解決に直接関わることが可能。患者さんの顔を見ながら、意見を聞きながら取り組むことにヤリガイを感じ、問題を解決した際には大きな達成感を味わえるはずです。

働くフィールドや患者さんのニーズが多種多様に広がる中、それらに対応する作業療法士も、一人ひとりが自分に合ったワークスタイルを選べるようになってきているのです。

作業療法士として働くための心構え

作業療法士としての資格を取得していることと、実際に実力を発揮できるかどうかは別問題です。

現場では患者さんから「先生」と呼ばれることも多く、緊張のあまり学んだ知識や持てる技術を十分に発揮できない場合もあります。とくに自分の担当患者さんを持つようになると、密接な関わりから生まれる信頼関係と、それに比例して大きくなる責任感から、ますます委縮してしまうこともあります。

自信を持って作業療法に取り組むには、資格取得後も日々の勉強を怠ってはいけません。作業療法士関連の最新情報はもちろん、チーム医療に取り組む理学療法士や言語聴覚士の知識も積極的に収集することが、自分の成長はもちろん患者さんにとってのベストなリハビリと回復に結びつきます。

さらに作業療法士は、患者さんへの共感や思いやる心が大切です。

患者さんの中には、身体的にはリハビリによる効果を得られても、精神面での回復が伴わないといったケースもあります。思うように体が動かせないことにイライラしたり、時にはリハビリに対して後ろ向きになってしまうことも少なくありません。

こうしたことから作業療法士には、患者さんに寄り添うことで気持ちを理解し、満足していること・不満なことに共感し、リハビリへのモチベーションを引き出していく必要があるのです。

まとめ

作業療法士は、患者さんの身体機能を回復するだけでなく、その人の不可能だったことを少しでも可能に近づけることにより、また完全に回復させることで、精神面まで健やかにする仕事です。

ベッドで寝たきりになり、失望してしまいそうな患者さんに、もう一度生きがいを取り戻すお手伝いができる、大きなやりがいを感じることができます。

患者さんとは長期間にわたって関わることもあり、人間どうしの交流も生まれてきます。また高齢の方や子どもが対象者であることも多く、これまでに体験したことのない立場や視点で考える難しさと楽しさを実感できます。

人々が自分らしく生き生きと暮らす、そんなQOL(Quality Of Life:生活の質)向上に貢献し、患者さんをはじめ多くの人々と喜びを分かち合える作業療法士は、高齢化社会においてますます存在感を発揮する職業と言えるでしょう。

おすすめの記事