生活相談員になるためには

生活相談員は、主に特別養護老人ホーム・デイサービス・ショートステイなどの介護福祉施設で活躍する職種です。

ソーシャルワーカーとも呼ばれる事もあり、利用者さんやその家族との相談業務・施設との調整や手続き・地域やその他コミュニティとの連携など、介護福祉サービスにおける「架け橋」となる存在で、大変大きな役割を果たしている職種です。

生活相談員の仕事について

各事業において幅広く活躍する生活相談員は、ケアマネージャや施設との調整を行う窓口でもあり、利用者やその家族との相談も行います。

主な業務内容としては次のとおりです。

・施設の入退所の手続き・各サービスの案内や中止に関する業務

・利用者および家族に対する相談サポート

・ケアマネジャー、地域、他機関との連絡・調整業務

・施設内における連絡・調整業務

・介護スタッフのサポート

・苦情などの対応・窓口業務

・デイサービス等の個別援助計画の作成。ケアプラン作成の援助

生活相談員の役割は各施設や介護職員、利用者などの「相談・連携・調整」にあります。

各施設によって、業務が異なるケースもありますので、臨機応変に対応する事が求められてきます。

生活相談員になるための条件

看護師などと違って、「生活指導員」というのは職種の名称です。生活指導員という資格を取得しなければならない訳ではないので、要件され満たせばどなたでもなる事ができます。一般的には、次のいずれかの資格を保有していることが要件として定められています。

生活相談員の資格要件

・社会福祉士

・精神保健福祉士

・社会福祉主事任用資格

しかし、必ずこの資格がなければ「生活指導員」になれないかと言えばそうでもありません。求人の募集内容にもよりますが、無資格でも都道府県によっては、「2年以上の介護業務経験」といったような実務経験さえあれば、生活指導員になれる自治体もあります。

生活相談員の仕事 1日の主な業務の流れ

8時  出勤 

    届いたメールや申し送り確認。

    朝礼や各自報告事項の共有。

    利用者さんの送迎

9時  利用者さん全員の健康チェック

10時 運営会議・利用者さんの自宅訪問

11時 ケアマネージャーと新しい利用者さんの受け入れについて打ち合わせ

12時 利用者さんの食事の介助など

13時 休憩

14時 各地域グループの代表者と行事について打ち合わせ

15時 利用者さんの余暇活動の見守り・介助

    ケアマネージャーと打ち合わせ

16時 利用者さんの送迎

17時 ミーティングや会議

    書類作成・雑務関係の処理

18時 退勤

各事業所などによって内容は異なりますが、おおまかな流れとしてはこのような業務がメインとなります。

生活相談員を選ぶ理由として、よく言われていますのが介護職とは違い、生活相談員は基本的に夜勤がなく、生活リズムに大きな変化がない事が挙げられています。

生活相談員として働くための心構え

生活指導員の仕事は主に施設や利用者の方などの「連携・調整」であったり、「相談・窓口」になりますが、それだけをやっていれば良い訳ではありません。

多くの施設で生活指導員も介護業務を行っており、利用者の方の身体介護や生活援助など専門的な知識やスキルの習得を求められる事もあります。

また関係者どうしの意見をまとめたり、バランスを取ろうとしても折り合いがなかなかつかない事や、利用者の方と介護職の人間関係によるストレスを抱えてしまうケースもありますので、しっかりとしたコミュニケーションを取る事や、高い意識を持って取り組む必要があります。

まとめ

様々な施設でマルチプレーヤーとして活躍する生活相談員ですが、その分業務の幅も広く覚える仕事も多いですし、施設やマネージャー、利用者などの連携・調整が上手くいかず苦労される事もあるかもしれません。

しかし、その分多くの知識やスキル、立場の違う関係者どうしをつなぐ「コミュニケーション構築能力」が身につくなど、苦労に見合ったやりがいも大変多い事でしょう。

これからも様々な福祉事業で必要とされる生活相談員。興味関心のある方はぜひ就職・転職先の一つの手段としてお考えになられてはいかがでしょうか。

おすすめの記事