児童指導員になるためには

▶︎児童指導員とは

児童指導員は、児童福祉施設で生活する18歳以下の子どものサポートを行います。

「放課後等デイサービス」や「児童発達支援センター」、重症心身障がい児を対象とした「児童発達支援事業」に児童指導員の配置が求められており、厚生労働省に定められた職業です。

児童福祉施設には、家族のもとを離れて生活することを余儀なくされた児童が入所する「児童養護施設」や、知的障害があり養護が必要な児童が入所する「知的障害児施設」、「乳児院」、「児童自立支援施設」などがあります。

施設ごとに特性が違うため、その施設に入所する子どもたちに合わせたサポートが必要とされます。

▶︎児童指導員の仕事について

基本的な業務内容としては、知的障がいや身体障がいを持った児童の自立促進や生活指導のサポートをしたり、さまざまな事情で、家族による養育が困難になった子どもたちに対するケースワークを行ったりします。

時には先生のように、時には親のように接することで、子どもたちの健やかな成長を支える役目があります。

業務内容としては大きく2つに分類されます。

●生活指導業務

起床時間や食事時間、就寝時間などを整えることで健全な生活リズムをサポートしたり、挨拶や礼儀作法、食事作法などの指導、学校での勉強のフォローを行います。

また、子どもたちと一緒に遊んだり、食事をしたり、話を聞く時間を設けるなど、保護者に代わって温かく支えることも重要な業務です。

●生活指導以外の業務

施設利用者一人ひとりの生活指導計画の作成や日々の活動記録の作成、学校や児童相談所との連携を行うほか、子どもの引き取りをめぐる保護者との面談や折衝を担当する場合もあります。

また、障がい児入所施設で勤務する場合は、食事、入浴、排せつなどの介護業務が必要になったり、通所型の施設の場合は送迎業務が必要になることもあります。

就職を希望する施設では、具体的にどのような業務を行っているかは、事前に調べておくことをおすすめします。

▶︎児童指導員になるための条件

医師や看護師のように、児童指導員には「資格」は存在しません。そのため、その職に就いてはじめてその名称を名乗ることができる「任用資格」という扱いになります。児童指導員の任用資格を取得するためには、下記のような取得方法が挙げられます。

●大学・大学院での取得

大学・大学院において社会福祉学や心理学、教育学、社会学を専修する学部・学科を卒業している必要があります。任用資格の証明は、卒業証書と成績証明書があれば証明することができます。

また、地方厚生局長が指定する「専門学校」などの養成施設を卒業した場合も任用資格を取得することができます。

●実務経験による取得

中等学校あるいは高等学校を卒業している場合は、2年以上児童福祉事業に従事することで任用資格を得ることができます。

あるいは、3年以上児童福祉事業に携わり、厚生労働大臣や都道府県の知事から認定された場合にも児童指導員の任用資格を取得することが可能になります。

●教員免許を持っている場合の取得

小・中・高等学校の教員免許を取得しており、厚生労働大臣または都道府県知事から認定された場合や、社会福祉士・精神保健福祉士のいずれかをすでに取得している場合も同様に、児童指導員の任用資格を得られます。

また、昨年からは「幼稚園教諭」の資格を有する場合も児童指導員の任用資格が認められるようになりました。

●社会福祉士・精神保健福祉士の取得

社会福祉士、精神保健福祉士のいずれかを取得している場合は、必然的に児童指導員の任用資格を取得することができます。

▶︎任用資格取得後の注意点

任用資格を得ただけでは、児童指導員を名乗ることはできません。実際に児童指導員として働き始めることで、ようやく「児童指導員」になれるのです。

希望する職場が公立の場合は、公務員試験に合格する必要がありますし、私立に関しても、その施設が独自で行う試験がある場合は、その採用試験に合格することが必須です。

「任用資格を得たから大丈夫」と安心するのではなく、きちんと児童指導員としての職に就くための順序を経て、正真正銘の「児童指導員」を目指してください。

▶︎児童指導員として働くための心構え

個人差はあるものの、施設に入所する子どもたちの多くは、突然の環境の変化に戸惑い、施設での生活になれるまでに時間がかかります。

そんな子どもたちの難しい背景を理解した上で、目いっぱいの愛情を注げるかどうかが大変重要な役割です。

まずは一人ひとりに寄り添い、子どもたちが環境に慣れるまで辛抱強く、思いやりをもって接していくことを意識すると良いでしょう。

少しずつ施設での暮らしに順応してきた後は、一人ひとりの性格や能力を見極め、その子どもにあった指導計画の作成や指導、訓練を実践していくことになります。

常に子どもの様子に気を配って、的確な判断ができるように意識することが大切です。

▶︎まとめ

児童指導員について、理解は深められましたでしょうか?

児童指導員は、単に児童の生活指導を行うだけではなく、子どもたちの心に寄り添い、心身の健康をサポートすることが求められる業務です。

思いやりを持って子どもたちに接する姿勢はもちろん、さまざまな境遇の子どもたちをサポートしなければならないので、心身ともにタフなタイプかどうかは大切になってきます。

また、自分が真心を持ってサポートした子どもたちが18歳になって立派な姿で出所する時のやりがいは、ひとしおです。

子どもの福祉や心理に興味のある方、さまざまな子どもたちをサポートし、社会貢献をしたいと考えている方にはぜひおすすめの職業です。

おすすめの記事